現在のページ

ホーム > 組合ニュース > 花と食のフェスティバル2015


組合ニュース

花と食のフェスティバル2015

花食2015

去る1/31(土)・2/1(日)と奥武山運動公園において「花と食のフェスティバル2015」が開催されました。

当組合は糖業ブースを設置し、黒糖づくりの実演、黒糖を使った簡単レシピの試食、黒糖の販売、さとうきび糖業の紹介と、コーナーを作りました。


さとうきび絞り体験

今回、小学生以下を対象としてさとうきびを搾る体験をしてもらいました。
意外や意外、人気を得て行列ができる状況になっていました。

豆記者

琉球新報の「リュウポン」という冊子がありますが、そちらの企画で黒糖づくり体験を行いました。

参加したのは小禄南小学校4年生の4名の児童

さとうきびのこと、黒糖のこと、作り方まで熱心にメモを取り沖縄の歴史ある特産品について勉強をしています。

この様子は2/15号のリュウポンにて掲載の予定です。


黒糖簡単レシピ

黒糖を家庭で簡単に利用して頂きたいので、会場にてレシピの配布・試食も

「黒糖バター」と「黒糖カフェオレ」どちらも簡単に作れて好評でした。

[2015/02/09]