現在のページ

ホーム > 組合ニュース > 沖縄黒糖フェアin近江の開催状況


組合ニュース

沖縄黒糖フェアin近江の開催状況

天候に恵まれ

東本願寺夕焼け

                        東本願寺の夕焼け


 予告をしておりました滋賀県での沖縄黒糖イベントは8/26(土)・/27(日)の2日間、JA近江冨士 ファーマーズマーケット「おうみんち」にて予定通り開催しました。

天気も心配されましたが、写真のとおり良い天気でイベントを行う事ができました。


おうみんちは多くの人出がありました。

沖縄の各八つの産地の黒糖を滋賀県において試食をして頂きながらPRを行いました。
黒糖はさとうきびを原料としており、キビの品種、気象条件等による生育によって当然、味に違いが出てきます。

みなさん一様に黒糖の産地による味の違いにびっくりされていました。


沖縄の風を伝える

                  琉球國まつり太鼓(滋賀・京都・奈良)の演武


 当日の出し物として、琉球國祭り太鼓(滋賀・京都・奈良支部)の皆さんによるエイサーの演武。また、守山市にある沖縄料理あしび(あしび三線教室)のМIIさん及び生徒さんによる沖縄民謡のLIVEをしていただき、おうみんちにいらした来場者の方は沖縄の空気を感じたと思います。

                        あしび三線教室の皆さん

                       MII from icca_riccaのLIVE

黒糖料理の提供

                         黒糖ういろう

おうみんちの併設するレストランではランチバイキングを提供しています。
黒糖フェアの2日間、黒糖を使用した料理として、外郎(ういろう)と黒糖の揚げパンが提供されていました。



滋賀は暑かった

 今回のイベントにおいて多少は沖縄黒糖のなんたるかをご紹介できたのかと思います。
 今後も、各地において同様のイベントを開催し、沖縄黒糖のPRを図っていきたいと考えています。


 しかし、滋賀は暑かった。

[2017/08/29]